高知県立文学館

KOCHI LITERARY MUSEUM
メニュー
  • 文学館の紹介動画
  • 高知県文化財団
文学館について
文学館について

高知県立文学館について

ごあいさつ

Message

南国土佐から、文学の魅力を発信していきます。

このたび、高知県立文学館の館長に就任いたしました。
緑豊かな木立の中に、どっしりとした石造りの当館が誕生し、今年で20年目を迎えます。

この間、土佐にゆかりに文人や、当時の気鋭の作家の作品を数多く展示し、多くの方々に鑑賞いただいてまいりました。
現在は、志国高知幕末維新博の地域会場として、幕末の志士群像を多彩に描いた司馬遼太郎展「21世紀“未来の街角で”」を開催中です。
歴史を学ぶことは未来を学ぶこと。

当館も、これまでの20年を振りかえり、未来に目を向けて進んでまいりたいと考えております。
ぜひ、当館においで下さい。

館長岡﨑 順子

館長  元吉 喜志男

文学館の紹介動画

高知と文学者たち

Literary Persons

南の雄大な太平洋と北の険しい四国山地に囲まれた南国土佐。 この独特の風土の中から多くの文学者が育ち、わが国の文学に大きな足跡を残しました。高知県立文学館では、延長8年に紀貫之によって書かれた『土佐日記』から現在の作品まで、作家とともに作品を紹介しています。

館内マップ

Floor Map

高知の文学者を時代やテーマによって紹介する常設展、県内外のすぐれた文学を紹介する企画展は、2Fの展示室で紹介しています。1Fでは児童文学や民話を紹介するこどもの文学室、文学講座などを開催している文学ホールがあります。

高知県立文学館概要

About
外観
施設名 高知県立文学館(Kochi Literary Museum)
開館時間 午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
休館日 年末年始(12月27日〜1月1日)
※その他メンテナンス等で臨時休業することがあります。
観覧料 一般360円/高校生以下無料/20人以上で2割引 (企画展のあるときは料金が変わります)
所在地 高知県高知市丸ノ内1-1-20
電話番号 088-822-0231
E-mail bungaku@kochi-bunkazaidan.or.jp
駐車場 なし(北隣の高知公園駐車場をご利用ください)
併設施設 文学館ホール・茶室「慶雲庵」
Webサイト http://www.kochi-bungaku.com/
館長 岡﨑 順子
沿革

1997年 高知県立文学館 開館
2007年 宮尾文学の世界 設置

「変わる常設展」スタート
「こどものぶんがく室」設置

しおりちゃん&筆太(ぴった)

高知県立文学館の公式キャラクター。頑張り屋さんで礼儀正しい女の子しおりちゃんと、いたずら好きでムードメーカーのヤイロチョウ筆太(ぴった)のコンビです。Facebookでも情報発信しているので 応援してくださいね。

TOPへ