高知県立文学館

KOCHI LITERARY MUSEUM
メニュー
  • 文学館の紹介動画
  • 収蔵資料検索
  • 高知県文化財団
  • 文豪ストレイドッグス×高知県立文学館
インフォメーション
インフォメーション

インフォメーション

旅「YOSAKOIソーラン祭り」、旅情「北海道の切符」

梅雨入りしましたが、カラっと気持ちの良い暑さの日が続いております。高知では、そろそろ真夏のよさこい祭りに向けて、本格的に踊りの練習を始めるチームが増えてくる時期かと思います。よさこい祭り当日、今年はどんな熱いドラマが繰り

ポスター紀行が始まりました。

2017.06.07
  • ひとことブログ

ポスター紀行が始まりました。

 先日3日(土)から、高知県立文学館開館20周年記念特別企画「青春18きっぷ~ポスター紀行~」が始まりました。 日本写真協会が実施する「東京写真月間2016」の巡回展として、北は北海道から南は九州・福岡県と巡回してきた最

旅の思い出  油屋旅館

2017.05.31
  • ひとことブログ

旅の思い出  油屋旅館

今年の5月は、雨が少ない暑い月でした。詩人の立原道造は、死の数日前に見舞いに訪れた友人に、「5月のそよ風をゼリーにして持ってきてください」と頼んだそうですが、それから80年近くの歳月が過ぎ、5月の気候も少し変わってきたか

懐かしの青春18きっぷ

2017.05.24
  • ひとことブログ

懐かしの青春18きっぷ

今日はあいにくの雨ですが、このところいいお天気が続きましたね。 お昼休みに外に出る時には日傘がいるほどの日差しです。 今年も高知の暑い夏がやってきます。アイキャッチの写真は、昨年撮ったもので、夏を通り越して秋晴れの一枚。

「雨そそぐ 花橘に 風過ぎて 山ほととぎす 雲に鳴くなり」(藤原俊成)

不如帰の鳴き声に、定家の父、俊成が詠んだ歌を思いつつ。 さて、平成29年4月1日から開催中の「没後20年 司馬遼太郎展 21世紀“未来の街角”で」展も後1週間を残すところとなりました。 今回は、観覧者の年齢層が10代から

TOPへ