高知県立文学館

KOCHI LITERARY MUSEUM
メニュー
  • 文学館の紹介動画
  • 高知県文化財団
個人情報保護方針
個人情報保護方針

個人情報保護方針

個人情報保護方針

公益財団法人高知県文化財団(以下「当財団」といいます)は、お客様や関係者の個人情報を適正に保護することが、重要な責務であると自覚しております。
当財団は、以下の方針を定め、個人情報の保護に努めてまいります。

1.関係法令等の遵守について

当財団は、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(以下「番号法」という。)及び「個人情報の保護に関する法律」(以下「個人情報保護法」という。)並びにこれらに基づく法令等を遵守します。

2.個人情報の取得について

当財団は、個人情報を取り扱う事務の目的を明確にし、適法かつ公正な手段によって、原則としてあらかじめ利用目的を通知または公表の上で、個人情報を取得します。個人情報を取得する場合は、原則としてご本人様から取得します。

3.個人情報の利用について

当財団は、取得等の際に示した利用目的の範囲内で、かつ業務の遂行上必要な限度内で、個人情報を利用します。個人情報の取扱いを第三者に委託する場合は、当該第三者に秘密を厳守するよう契約を締結し、その責任の所在を明確にし、個人情報の安全管理のために必要かつ適切な監督を行います。

4.個人情報の第三者提供について

当財団は、原則として以下に定める場合を除くほか、個人情報を第三者に提供しません。
・お客様の同意がある場合
・個人情報保護法及び番号法その他法令に定めのある場合

5.個人情報の管理について

当財団は、個人情報の正確性を保ち、法令に基づき安全に管理します。 個人情報の漏洩、滅失又は毀損などを防ぐため、役職員等が使用するPCにはファイアーウォールを導入し、コンピュータウィルス等に対する適正かつ有効な情報セキュリティ対策を実施します。

6.個人情報の開示、訂正、利用停止、消去について

当財団は、お客様や関係者の個人情報について、ご本人から開示・訂正・利用停止・消去を申し出られた場合は速やかに対応いたします。

7.保有個人情報に関する事項の公表について

当財団は、保有した個人情報の利用目的、その変更その他法令及び財団の規程が定める事項を公表するときは、高知県立文学館のホームページ(http://kochi-bungaku.com/)にて行います。

8.組織・体制について

当財団は、個人情報保護管理者及び特定個人情報等保護管理者に副理事長を任命し、保有個人情報の安全管理を実施します。
各事業所に、個人情報作業責任者及び特定個人情報等事務取扱責任者を設置し、保有個人情報を責任もって取扱います。
職員全員に対し、個人情報の保護についての研修を実施し、日常業務における個人情報の適正な取扱いを徹底します。

9.個人情報保護関連規程の制定・実施・改善

当財団は、上記の方針を徹底するため、個人情報保護関連の規定を整備し、これを役職員等及び関係者に周知し、実施し、必要に応じて日々改善致します。
高知県立文学館・財団法人高知県文化財団

所蔵資料閲覧に関する利用規約

  • 1.申請書に記載された利用目的以外にはご使用できません。
  • 2.利用作品が寄託作品等、当館以外の所有の場合は、所有者の許可を事前に得る必要があります。
    詳しくは、高知県立文学館までお問い合わせください。
  • 3.撮影・複写・模写・模造等については、別に申請が必要です。詳しくは、撮影等許可申請書をご覧ください。
  • 4.閲覧中に資料を損傷もしくは紛失したときは、当館の指示に従い損害を賠償していただきます。
  • 5.閲覧に際しては、高知県立文学館の職員の指示に従ってください。
  • 6.「資料特別閲覧」の許可の権利を他人に譲渡、又は転貸することはできません。

■ご利用の流れ

1.「資料特別閲覧申請書」に必要事項を記入の上、押印し、高知県立文学館学芸課まで郵送してください。
封筒には、朱書きで「資料特別閲覧申請書在中」とご記入ください。

2.高知県立文学館において申請の許可の決裁が下り次第、連絡いたします。
※決裁が下りるまで、1週間ほどお時間がかかる場合がございます。余裕を持ってお申し込みください。

3.高知県立文学館開館時間内に資料を閲覧してください。閲覧の際は、職員の指示に従ってください。

■所蔵資料閲覧に関するお問い合わせ窓口
高知県立文学館 学芸課(担当:川島・小松)
TEL:088-822-0231 FAX:088-871-7857

所蔵資料撮影に関する利用規約

  • 1.申請書に記載された利用目的以外にはご使用できません。データ等の場合は使用後データを破棄し、他への流用はなさらぬようにしてください。
  • 2.利用作品が寄託作品等、当館以外の所有の場合は、所有者の許可を得る必要があります。詳しくは、高知県立文学館までお問い合わせ下さい。
  • 3.撮影により生じる著作権等に係る問題は、申請者において責任を負ってください。
  • 4.撮影等に要する費用は、すべて申請者において負担してください。ただし、学術・研究等に使用する場合は料金免除の対象になります。
      ※学術・研究とは、他の博物館、学校及び大学等試験研究機関が研究資料、出版物として使用する場合を原則とします。
  • 5.利用期間中に資料を損傷もしくは紛失したときは、当館の指示に従い損害を賠償していただきます。
  • 6.ポジフィルム・プリント・画像データ等を利用したい場合は、申請書の利用方法「その他」の欄にその旨をご記入ください。
  • 7.写真の加工については、写真そのまま、あるいは余白を削る程度の場合は問題ございませんが、大幅なトリミングその他手を加える場合は許可できません。詳細はお問い合わせください。
  • 8.新規撮影等に際しては、高知県立文学館の関係職員の指示に従ってください。
  • 9.出版物、テレビ番組等に当館所蔵作品の写真を使用する場合は、クレジットに必ず「高知県立文学館提供」と明記してください。
  • 10.制作された印刷物、新規撮影のポジ(デュープ可)等の成果物を、若干部ご恵贈ください。
  • 11.「文学資料等の撮影等利用」の許可の権利を他人に譲渡、又は転貸することはできません。
  • 12.高知県立文学館の設置及び管理に関する条例及び同条例施行規則の規定を順守してください。

○高知県立文学館の設置及び管理に関する条例

○高知県立文学館の設置及び管理に関する条例施行規則

■ご利用の流れ

1.「文学資料等撮影等許可申請書」に必要事項を記入の上、押印し、撮影等の目的がわかるもの(企画書等)と共に高知県立文学館学芸課まで郵送してください。
封筒には、朱書きで「文学資料等撮影等許可申請書在中」とご記入ください。
※写真のデータをご希望の場合はデータをメールでお送りしますので、メールアドレスをあわせてお知らせ下さい。
※所有者・著作権者の許可が必要な場合は、承認済みであることを示すものを同封してください。
※「利用期間」は、写真を使用する期間(編集時期)をご記入ください。
※「使用料の額」は記載不要です。
※お急ぎの場合には、お電話で伝えていただき、先にFAXにて申請書を送っていただき、後ほど郵送にて申請書をお送りください。また写真データの必要な期日があれば、明記してください。
当日中の申請のお申込と同時に写真データの送信を希望されてもお応えできない場合もございますので、その点はご了承の上、余裕をもって申請してください。
※その他ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。

2.高知県立文学館において申請の許可の決裁が下り次第、「文学資料等撮影等許可書」が送付されます。使用料が発生する場合は「見積書」「請求書」、ポジフィルム・紙焼き資料等をご希望の場合はポジフィルム等が共に郵送されます。
※決裁が下りるまで、1~2週間ほどお時間がかかる場合がございます。

3.使用料が発生する場合、「見積書」「請求書」に書かれた額を指定口座にお振込みください。

4.ポジフィルム等使用後は、高知県立文学館までご返送ください。データの形で借用された場合は、使用後必ず破棄し、他の目的には使用しないでください。

5.制作された印刷物等の成果を高知県立文学館まで若干部ご恵贈ください。

■所蔵資料撮影に関するお問い合わせ窓口
高知県立文学館 学芸課(担当:川島)
TEL:088-822-0231 FAX:088-871-7857

TOPへ