高知県立文学館

KOCHI LITERARY MUSEUM
メニュー
  • 文学館の紹介動画
  • 収蔵資料検索
  • 高知県文化財団
  • ヒグチユウコ展
インフォメーション
インフォメーション

インフォメーション

満開だった桜もすっかり葉桜となり、だんだん新緑の季節へと移り変わっています。

やわらかい春の日差しに誘われてお出かけをするのも良いですが、特に何もなければ、

ゆったりと一日過ごしたい気分になりますね。

そんな陽気の中、文学館では「池田あきこ原画展-タシルの街とフォーンの森-」を

開催しています。

初日から、池田先生のギャラリートーク&サイン会、猫のダヤン握手&撮影会など、

関連イベントを開催し、ダヤン好き、猫好きなお客様がたくさん来場してくれています。

 

先週末には、絵本『アベコベアの月』を池田あきこ先生が朗読するビデオを上映しました。

私も見る機会があったのですが、回文も混ざったリズミカルな文章はもちろん、画面の中で

はねたり踊ったり、楽しそうにくるくる動き回るダヤンに、つい夢中になってしまいました。

山本祐ノ介さん作曲の音楽も素敵でした。弦楽器の音がゆるやかに響き、会場がしばしの間、

癒やしの空間になったようでした。

ビデオ上映はあと2回、5月13日と6月17日の14時から開催です。

IMG_7552

                    ▲2階ロビーの大型フィギュア。『アベコベアの月』にも

                     出てくる「月に聞かせる音楽会」の1場面。

 

また、「猫のダヤン」「猫のダヤン日本へ行く」のアニメ上映会も、

4月22日、5月27日、6月3日(各日14時~)の全3回開催します。ダヤンの声は、高知県出身の

声優・島本須美さんが務められています!(とってもおちゃめでりりしいダヤンですよ~♪)

 

まだまだお申し込みを受け付けていますので、ぜひご参加ください。

TOPへ