高知県立文学館

KOCHI LITERARY MUSEUM
メニュー
  • 文学館の紹介動画
  • 収蔵資料検索
  • 高知県文化財団
  • 高知県立文学館 Facebookページ
  • 高知県立文学館 Twitter
イベント
イベント

イベント

11月おはなしキャラバン

11月おはなしキャラバン

日時
令和3(2021)年11月6日(土) 14:00~(30分くらい)
関連企画展
「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」へようこそ
会場
高知県立文学館 1階 こどものぶんがく室
定員
約20名
参加費
無料
申込
不要 当日会場へお越しください

文学館カルチャーサポーターによる絵本の読み聞かせです。 現在開催中の企画展「「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」へようこそ」展にあわせて、 あま~いお菓子のおはなしをご紹介します。 今回は『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』の作者、廣嶋玲子

朗読の会「時空を超えて」

朗読の会「時空を超えて」

日時
令和4(2022)年1月15日(土)
会場
高知県立文学館 1階ホール
定員
55名(先着)
参加費
無料
申込
不要

令和4年1月の朗読の会は、「時空を超えて」と題し、村上春樹著「レキシントンの幽霊」、太宰治「待つ」、開高健「玉、砕ける」を当館カルチャーサポーターが朗読します。 ※この会は、9月朗読の会の延期による開催です。

朗読の会「戦争と文学 誰のために…」

朗読の会「戦争と文学 誰のために…」

日時
令和3(2021)年11月20日(土)
会場
高知県立文学館 1階ホール
定員
55名(先着)
参加費
無料
申込
不要

今回の朗読の会は「戦争と文学」をテーマに「誰のために…」と題し、マイケル・モーパーゴ著『世界で一番の贈り物』、上岡儀一「くつわ虫」、佐藤泰志「青春の記憶」、田島征三『ぼくのこえがきこえますか』を当館カルチャーサポーターが

展示解説

展示解説

日時
会期中毎週土曜日 午後2時~(30分程度)
関連企画展
「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」へようこそ
参加費
要当日観覧券

展覧会担当者による展示解説を行います。

朗読の会「ふしぎ文学館へようこそ」

朗読の会「ふしぎ文学館へようこそ」

日時
令和3(2021)年10月16日(土) 午後2時~4時
関連企画展
「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」へようこそ
会場
高知県立文学館1Fホール
定員
先着55名
参加費
無料
申込
不要 ※直接会場までお越しください

「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」の物語や、不思議をテーマにした文学作品を当館カルチャーサポーターの朗読でお楽しみください。

TOPへ