高知県立文学館

KOCHI LITERARY MUSEUM
メニュー
  • 文学館の紹介動画
  • 収蔵資料検索
  • 高知県文化財団
  • 高知県立文学館 Facebookページ
  • 高知県立文学館 Twitter
文学館ニュース
文学館ニュース

文学館ニュース

 シンデレラの靴は、ペロー版ではガラスの靴、グリム版では金の靴。   靴は左右対称の形をしており、1対でセットとなっています。そのため、古くから男女関係や結婚を表すシンボルとされました。  シンデレラは小さな靴をはける、

当館の新型コロナウイルス感染防止対策へのご理解とご協力をお願いいたします。 ・館内に手指のアルコール消毒液を設置していますので、ご利用ください。 ・他のお客様と十分な距離をとってご観覧ください。混雑状況によっては入館をお

おうちでシンデレラ展⑩「高知の作家とシンデレラ」

2020.05.31
  • 中脇初枝
  • 志水辰夫
  • その他

高知県の作家で、シンデレラを書いている人もいます。 四万十市中村で育った中脇初枝著『シンデレラ』は、「はじめての世界名作えほん」シリーズの一つで、ペロー版を元にしています。 いの町出身の越水利江子著『うばかわ姫』は、日本

文豪の夏目漱石がイギリスに留学していたことはよく知られていますが、その時にシンデレラの劇を見ています。 漱石が見たとされるのは、ロンドンのヒッポドローム劇場で公演(1900年12月24日~翌年4月13日)されたシンデレラ

近代文学の成立に一役買った坪内逍遥(しょうよう)もシンデレラを書いています。その名も「おしん物語」。高等小学校の教科書の一話です。 このお話の主人公おしんは、ドレスの代わりに着物を着、ガラスの靴の代わりに扇を持つなど、か

TOPへ