高知県立文学館

KOCHI LITERARY MUSEUM
メニュー
  • 文学館の紹介動画
  • 収蔵資料検索
  • 高知県文化財団
  • 高知県立文学館 Facebookページ
  • 高知県立文学館 Twitter
文学館ニュース
文学館ニュース

文学館ニュース

徳島県生まれ、少女期を中村(現・四万十市)で過ごす。作家。高校生のときに「魚のように」で作家デビュー。児童文学から純文学まで、幅広い分野で活躍。昔話の再話などにも積極的に取り組んでいる。

1974(昭和49) 
徳島県に生まれる。
1976(昭和51) 
高知県中村市(現・四万十市)へ移り住む。
1991(平成3) 
高知県立中村高等学校に在学中、小説「魚のように」で第2回坊っちゃん文学賞大賞を受賞し、作家デビュー。
1992(平成4) 
筑波大学に進学、民俗学を学ぶ。
2005(平成17) 
『祈祷師の娘』が第52回産経児童出版文化賞推薦を受賞。
2012(平成24) 
『きみはいい子』出版、翌年第28回坪田譲治文学賞を受賞。2015年映画化、第37回モスクワ国際映画祭・コンペティション部門でNETPAC賞(最優秀アジア映画賞)を受賞。
2014(平成26) 
高知県立文学館企画展「中脇初枝展~ちゃあちゃんの里帰り~」開催。
2016(平成28) 
四万十川流域に伝わる昔話を再話した『ちゃあちゃんのむかしばなし』出版、翌年第64回産経児童出版文化賞 JR賞受賞。

<おもな著作>
小説『魚のように』
  『祈祷師の娘』
  『きみはいい子』
  『わたしをみつけて』
  『みなそこ』
  『世界の果てのこどもたち』
  『神に守られた島』
  「涼月」(すずつき)
絵本『こりゃまてまて』
  『つるかめつるかめ』
昔話『女の子の昔話』
  『ちゃあちゃんのむかしばなし』

<おもな資料>
「みなそこ」ゲラ

TOPへ