高知県立文学館

KOCHI LITERARY MUSEUM
メニュー
  • 文学館の紹介動画
  • 収蔵資料検索
  • 高知県文化財団
  • 高知県立文学館 Facebookページ
  • 高知県立文学館 Twitter
文学館ニュース
文学館ニュース

文学館ニュース

馬場孤蝶(ばばこちょう)

2016.10.25
  • 馬場孤蝶

高知市生まれ。兄は自由民権家の馬場辰猪。作家。「文学界」同人として、上田敏、北村透谷らとともに詩や小説を書いた。評論によって社会改良活動にも取り組んだ。<おもな著作>「片羽のをしどり」、『戦争と平和』(翻訳)など

タカクラ・テル

2016.10.25
  • タカクラ・テル

高岡郡口神川(現・四万十町)生まれ。作家。土田杏村が提唱した「自由大学」に共鳴、長野県上田市と深い関わりを持つ。殊に『箱根用水』(当初『ハコネ用水』)は、長年の調査研究を経、文学の可能性に迫った国民文学の代表傑作といわれ

松山市生まれ。少年期を高知で過ごす。雑誌記者、のちに作家に転身。浅草もの以外に、幕末土佐に取材した歴史小説など、いわゆる土佐ものも多く書いた。<おもな著作>『浅草の灯』、『海援隊』など

田宮虎彦(たみやとらひこ)

2016.10.25
  • 田宮虎彦

東京生まれ。両親ともに高知出身。作家。戦後、歴史小説「霧の中」で注目を浴び、『絵本』で毎日出版文化賞受賞。以後、誠実な時代・社会認識の視線、庶民的なヒューマニズムで父子・夫婦関係などを創作。               

小山いと子(こやまいとこ)

2016.10.25
  • 小山いと子

高知市北与力町(現・永国寺町)生まれ。作家。作品は土木工事、社会問題、自伝の三つの系列に分けられる。綿密な調査に基づくスケールの大きい作品が多く、清純なューマニズムと社会性を持っているのが特徴である。<おもな著作>『執行

TOPへ