高知県立文学館

KOCHI LITERARY MUSEUM
メニュー
  • 文学館の紹介動画
  • 収蔵資料検索
  • 高知県文化財団
  • 高知県立文学館 Facebookページ
  • 高知県立文学館 Twitter
文学館ニュース
文学館ニュース

文学館ニュース

大江満雄(おおえみつお)

2016.10.20
  • 大江満雄

幡多郡奥内村(現・大月町)生まれ。詩人。キリスト教的思想を基調とした人間愛に満ちた思想的叙情詩を書き、人生派詩人としての評価が高い。<おもな著作>『日本海流』『地球民のうた』など

高知県生まれ。詩人。詩集『地貌』で注目される。 詩集の発行、詩誌の主宰のほか高知文学学校の講師、高知詩人協会の結成など戦後の高知詩壇発展に尽くした情熱と行動の詩人。 1907(明治40) 高知県香美郡大楠植村(現・香美市

幡多郡中筋村有岡(現・四万十市)生まれ。伊藤左千夫に影響を受け、小説等を「ホトトギス」及び「アララギ」に発表。大正4年喀血し、病床で『赤光』を読み、再び作歌に志す。同8年「覇王樹」を創刊。閑雅で清澄な名歌をのこした。 1

宿毛市生まれ。歌人。橋田東声と結婚、のち浜忠次郎と再婚。歌人としては「覇王樹」を経て大正14年小泉千樫に、のち北原白秋に師事。雑誌「草の実」「月光」「花宴」などを創刊主宰した。戦後、女人短歌会を結成し、女流歌人の育成に努

東京都生まれ。歌人。短歌を中心に戯曲、小説、随筆、歌謡など多角的な活動で多くの作を残す。私生活の苦悩の末、昭和9年に香美郡猪野々(現・高知県香美市香北町猪野々)に草庵を移築し隠棲の地と定める。土佐は、勇の再生の地であり、

TOPへ