高知県立文学館

KOCHI LITERARY MUSEUM
メニュー
  • 文学館の紹介動画
  • 収蔵資料検索
  • 高知県文化財団
  • 高知県立文学館 Facebookページ
  • 高知県立文学館 Twitter
文学館ニュース
文学館ニュース

文学館ニュース

徳島県生まれ、少女期を中村(現・四万十市)で過ごす。作家。高校生のときに「魚のように」で作家デビュー。児童文学から純文学まで、幅広い分野で活躍。昔話の再話などにも積極的に取り組んでいる。 1974(昭和49)  徳島県に

幡多郡田ノ口村(現・黒潮町)生まれ。作家。「聖ヨハネ病院にて」ほか、病妻もので文壇に地歩を築く。再度の脳出血後、家族の助けにより、左手で、あるいは、口述筆記で文芸への執念を貫き、私小説作家として不朽の金字塔を打ち立てた。

【本について】 初出:「小説現代」2014(平成26)年11月号~2015(平成27)年2月号 単行本:2015(平成27)年6月に講談社より刊行。 文庫本:2018(平成30)年6月に講談社より刊行。 【あらすじ】 戦

寺田寅彦(てらだとらひこ)

2016.10.18
  • 寺田寅彦

東京生まれ、少年期を高知市で過ごす。物理学者、随筆家。漱石と出会い、文学的才能を開花させ、詩心と科学精神が渾然一体となった優れた随筆を数多く執筆した。文明批判や郷土ものにも卓越した文学世界を構成した。 <おもな著作>「団

休館中の風景(その2)

2020.11.11
  • ひとことブログ

10/14に「ダンジョン」みたいとご紹介しました展示室の工事もほぼ終了し、少し変わった様相になりました。 天井はまるでサーカスの空中ブランコなどで張られる安全網が張り巡らされたようで、展示室としては「これは?」の感は拭え

TOPへ