高知県立文学館

KOCHI LITERARY MUSEUM
メニュー
  • 文学館の紹介動画
  • 収蔵資料検索
  • 高知県文化財団
  • 高知県立文学館 Facebookページ
  • 高知県立文学館 Twitter
文学館ニュース
文学館ニュース

文学館ニュース

新しい年を迎えて

2021.01.06
  • ひとことブログ

新しい年を迎えて

明けまして、おめでとうございます。 皆様方には、コロナ感染拡大に加え、寒波の到来と、静かな新年を迎えられたことと存じます。 そんな中ではありますが、文学館は、2日から開館いたしております。 イベントなどは控えておりますが

高知県生まれ。作家。大人も楽しめるライトノベル作品を執筆、幅広い世代に絶大な支持を受ける。映画化やアニメ化など映像化された作品も多い。 2003(平成15)  「塩の街」で第10回電撃小説大賞〈大賞〉受賞。翌年作家デビュ

【紹介】近現代の詩歌

2021.03.29
  • 近現代の詩歌

高知の近現代詩は岡本弥太に始まります。昭和に入るとプロレタリア詩、ロマン・ロランとの交遊から翻訳や研究に努めた人々、中国東北(満州)で活動し高知の風土とは異なる詩を残した人々が活躍。戦後には高知から方言詩「山鬼」などを発

【紹介】現代の作家たち

2021.03.16
  • 現代の作家たち

高知の現代文学は、大衆文学である探偵小説、純文学である私小説や歴史小説に至るまで、分野は多岐にわたります。 特に大衆文学が盛んなのは高知の特徴です。ハードボイルドの分野で人気のあった河野典生は『殺意という名の家畜』などを

【紹介】その他(古典)

2021.03.16
  • その他(古典)

土佐の文学の起点は、一つは土佐に流された石上乙麻呂(いそのかみおとまろ)の漢詩集「銜悲藻(かんぴそう)」(散逸、現存する日本最古の漢詩集『懐風藻(かいふうそう)』に数首掲載)、もう一つは佐伯真魚(のちの空海)の出家宣言の

TOPへ