高知県立文学館

KOCHI LITERARY MUSEUM
メニュー
  • 文学館の紹介動画
  • 収蔵資料検索
  • 高知県文化財団
  • ヒグチユウコ展
インフォメーション
インフォメーション

インフォメーション

梅雨の晴れ間には

2018.05.30
  • ひとことブログ

梅雨の晴れ間には

四国は早くも梅雨入り。暑からず寒からず、爽やかな季節のなんと短いことか。高知で暮らして数十年、その貴重さを知る者としては貪欲に出かけずにはいられないわけで、このところの休日はリュックを背負って遠足へ。高知市から東へ、南国

高知県立文学館では、朗読を通して、文学に親しむ子どもたちを育てたいと願い、毎年、児童生徒文学作品朗読コンクールを開催してまいりました。文学作品を朗読することを楽しみ、より深く作品世界を理解することで得られる喜びが、さらに

湿気の多い気候になってまいりました。季節が移り、藤並の森の景色も変わって木々も濃い緑色になっています。文学館の中も景色が変わった場所があります。常設展の田中貢太郎のコーナーです。以前は黒岩涙香を展示していましたが、「幕末

下記のイベント日限定で、池田あきこ先生直筆サイン入り図録を特別に販売します! ●5月19日(土) 朗読の会  (図録販売数10冊) ●5月27日(日) TVアニメーション上映会「猫のダヤン」、他  (図録販売数10冊)&

高知県立文学館では、朗読を通して文学に親しむ子どもたちを育てたいという願いのもと、毎年、児童生徒文学作品朗読コンクールを開催しています。 21回目を迎える今年度の朗読コンクールの日程等が決まりましたので、お知らせします。

TOPへ