高知県立文学館

KOCHI LITERARY MUSEUM
メニュー
  • 文学館の紹介動画
  • 収蔵資料検索
  • 高知県文化財団
インフォメーション
インフォメーション

インフォメーション

中脇初枝(なかわきはつえ)

2016.10.20
  • 中脇初枝

徳島県生まれ、少女期を中村(現・四万十市)で過ごす。作家。高校生のときに「魚のように」で作家デビュー。児童文学から純文学まで、幅広い分野で活躍。昔話の再話などにも積極的に取り組んでいる。<おもな著作>『きみはいい子』、『

横山充男(よこやまみつお)

2016.10.20
  • 横山充男

高知県生まれ。児童文学者。高校教師や大学の教授を務めるとともに児童文学者としても活躍。『四万十川物語 光っちょるぜよ!ぼくら』で日本児童文芸家協会賞受賞。<おもな著作>『少年の海』『水の精霊』など

岡本弥太(おかもとやた)

2016.10.20
  • 岡本弥太

香美郡岸本村(現・香南市香我美町)生まれ。土佐の近代詩確立の中心的詩人。生前唯一の詩集『瀧』が国内詩壇に高い評価を受ける。人生の深奥に迫る深い思索と、緊張感のある格調の高い詩が特徴である。<おもな著作>『瀧』『山河』

浜田波静(はまだはせい)

2016.10.20
  • 浜田波静

香美郡前浜村(現・南国市)生まれ。俳人。会社勤めの傍ら、子規門下として日本派を鼓吹し、土佐近代俳句の先駆となった俳壇の中心人物である。<おもな著作>『椎』  

高知市生まれ。詩人。翻訳家。ロマン・ロランの自由な魂にふれ、第二次世界対戦中には知識人として反戦の姿勢を貫く。独仏文学の翻訳と共に音楽、美術に優れた評論を書き、インドやキリスト教に対する宗教的洞察も深い。

TOPへ