高知県立文学館

KOCHI LITERARY MUSEUM
メニュー
  • 文学館の紹介動画
  • 収蔵資料検索
  • 高知県文化財団
インフォメーション
インフォメーション

インフォメーション

槇村浩(まきむらこう)

2016.10.20
  • 槇村浩

高知市生まれ。詩人。「生ける銃架」「間島パルチザンの歌」などの反戦詩を発表。これらの詩は、日本プロレタリア詩の記念碑的作品として、高く評価されている。獄中病を得26歳という若さで死去。<おもな著作>『槙村浩全集』

上田秋夫(うえたあきお)

2016.10.20
  • 上田秋夫

土佐郡土佐町生まれ。詩人。ロマン・ロラン、左翼詩人マルセル・マルチネとの家庭的な交友は上田の長い人生の精神的な背景となる。日本的な清楚さと西欧の深さに惹かれ、詩作やパステル画にうちこむ。 <おもな著作> 詩集『自存』『氷

大江満雄(おおえみつお)

2016.10.20
  • 大江満雄

幡多郡奥内村(現・大月町)生まれ。詩人。キリスト教的思想を基調とした人間愛に満ちた思想的叙情詩を書き、人生派詩人としての評価が高い。<おもな著作>『日本海流』『地球民のうた』など

島崎曙海(しまさきあけみ)

2016.10.20
  • 島崎曙海

香美郡大楠植村(現・香美市土佐山田町)生まれ。教員時代に岡本弥太を知り、その詩風に強く影響を受ける。戦後は詩誌「蘇鉄」の主宰、「日本未来派」同人、詩集の発行など、精力的な活動を行い高知詩壇の発展に尽くした。<おもな著作>

橋田東声(はしだとうせい)

2016.10.20
  • 橋田東声

幡多郡中筋村(現・四万十市)。伊藤左千夫を訪ね、小説等を「アララギ」に発表。大正4年喀血し、病床で『赤光』を読み、再び作歌に志す。同8年「覇王樹」を創刊。閑雅で清澄な名歌をのこした。<おもな著作>『地壊』、『自然と韻律』

TOPへ