高知県立文学館

KOCHI LITERARY MUSEUM
メニュー
  • 文学館の紹介動画
  • 収蔵資料検索
  • 高知県文化財団
インフォメーション
インフォメーション

インフォメーション

島崎曙海(しまさきあけみ)

2016.10.20
  • 島崎曙海

香美郡大楠植村(現・香美市土佐山田町)生まれ。教員時代に岡本弥太を知り、その詩風に強く影響を受ける。戦後は詩誌「蘇鉄」の主宰、「日本未来派」同人、詩集の発行など、精力的な活動を行い高知詩壇の発展に尽くした。<おもな著作>

橋田東声(はしだとうせい)

2016.10.20
  • 橋田東声

幡多郡中筋村(現・四万十市)。伊藤左千夫を訪ね、小説等を「アララギ」に発表。大正4年喀血し、病床で『赤光』を読み、再び作歌に志す。同8年「覇王樹」を創刊。閑雅で清澄な名歌をのこした。<おもな著作>『地壊』、『自然と韻律』

北見志保子(きたみしほこ)

2016.10.20
  • 北見志保子

宿毛市生まれ。歌人。橋田東声と結婚、のち浜忠次郎と再婚。歌人としては「覇王樹」を経て大正十四年小泉千樫に、のち北原白秋に師事。雑誌「草の実」「月光」「花宴」などを創刊主宰した。戦後、女人短歌会を結成し、女流歌人の育成に努

若尾瀾水(わかおらんすい)

2016.10.20
  • 若尾瀾水

吾川郡弘岡下ノ村(現・高知市春野町)生まれ。子規門下であったが、子規没直後、「子規子の死」を発表、その子規批判の論考で排斥を受け俳壇から失脚。帝大卒後は郷里に帰り、俳誌「海月」を主宰するなど地方詩壇に復活し後進の指導に尽

吉井勇(よしいいさむ)

2016.10.20
  • 吉井勇

東京都生まれ。歌人。短歌を中心に戯曲、小説、随筆、歌謡など多角的な活動で多くの作を残した。いずれの作も平明な、艶のある調べで、哀愁を帯びた叙情性がある。私生活の苦悩、妻と離婚し爵位を返上した勇は、昭和9年に猪野々(香北町

TOPへ