高知県立文学館

KOCHI LITERARY MUSEUM
メニュー
  • 文学館の紹介動画
  • 収蔵資料検索
  • 高知県文化財団
  • ヒグチユウコ展
インフォメーション
インフォメーション

インフォメーション

吉井勇(よしいいさむ)

2016.10.20
  • 吉井勇

東京都生まれ。歌人。短歌を中心に戯曲、小説、随筆、歌謡など多角的な活動で多くの作を残した。いずれの作も平明な、艶のある調べで、哀愁を帯びた叙情性がある。私生活の苦悩、妻と離婚し爵位を返上した勇は、昭和9年に猪野々(香北町

井伏鱒二(いぶせますじ)

2016.10.20
  • 井伏鱒二

広島県(現・福山市)生まれ。小説家。田中貢太郎の見舞いなどで、幾度となく土佐を訪れており、短編「へんろう宿」は、その時の体験をもとにして書かれた。その他、直木賞受賞作「ジョン万次郎漂流記」など土佐を題材にした作品がある。

嶋岡晨(しまおかしん)

2016.10.20
  • 嶋岡晨

高岡郡窪川町(現・四万十町)生まれ。作家。詩人としてのみならず、訳詩、評論、史伝など幅広い分野で活躍している。詩集『永久運動』で岡本弥太賞を受賞。<おもな著作>『裏返しの夜空』『詩とは何か』等 

大阪市生まれ。名誉高知県人として県民に親しまれている司馬は、高知の人と風土にひかれ、土佐を題材とした多くの作品を書いた。「竜馬がゆく」を頂点とする長編歴史小説や紀行文「土佐の街道」、エッセーなど高知に関する作品は、司馬作

東京都生まれ。土佐に関する二作品は、いずれも時代に先行して散った若者を主人公にしており、歴史小説として評価が高い。大岡は取材のために度々来高し、史跡やゆかりの地を訪ねるとともに、史実、資料などの綿密な調査を行っている。<

TOPへ